読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲太の貯蓄日記

30代サラリーマンが副業や投資、節約を駆使してノウハウ提供するブログ

MVNOで最安値のDMMピンチ!イオンモバイルが格安SIM最安値に挑戦でヤバイ!?比較しました

こんにちは、稲太です

 

私は現在iPhone6+とDMMのデータSIM5GBプランとソフトバンクのガラケーを使っています

 

DMMは業界最安値保証ということで、他社よりも安い状態を維持していたのですが、最近イオンが安いと聞いて調べてみました

 

 

 

 

気になる月額費用

格安SIM月額料金比較

 

 あれ?意外と善戦してる?

というか同じくらいだ!

 

と思っていたら、イオンモバイルに対抗して価格変更したようです

 

データの追加に関しても、同額です

+1GBの引き継ぎ無しで480円ですね

 あと、DMMは10%のポイント還元があるので多少は安いです(使わないですが…)

 

イオンもそのうち還元くらいしそうな気はしますが

 

ひとまずこのままでいいかな〜

 

ただ、シェアプランの安さには惹かれる部分があります…

シェアプランの場合は、2台持ちができるためですね

 

1台はメインの通話SIMで、サブがデータSIMのタブレットとかいいね!

 

うーん、悩ましい…

 

ついでにGB単価も

 

格安SIMGB単価比較

 

 

現在の携帯関連の月額費用

 

iPhone6+は 2年前にSIMフリー版を買いました

容量が一番大きい128GBでAppleCareを付けたので、だいたい12万円くらいでしょうか

 

今回のiPhone7をスキップしたので、3年償却の月割りとして3333円です

 

DMMのSIMで月額1210円です

 

ガラケーは中古で8000円くらいで買いました

3年償却として月額222円です

 

 ソフトバンクのホワイトプラン+メールで月額1230円程度です

 

合計すると、

3333+1210+222+1230=5,995円ですね

以前は7000〜8000円もザラにあったので下がっていますが、もう少し下げたいと思っており、ガラケーを辞めたいと思います

 

 そこで、通話プランに変更が妥当かなと

 だいたい+500〜700円程度なので、500円〜700円の削減ですね(本体代は3年使う想定なので引かない)

 

 

実際に必要な通信容量について

スマートフォンを使用していればキャリアのホームページで通信量は見れると思いますが、私のようなヘビーユーザーだと思っている人間でも5GBで十分です

 

しかも最近はどこにでもWiFiスポットがあるので、高速通信が不要なことも多いです

 

LINEやメール程度であれば高速通信オフでも使えます

 

 

下記のサイトに情報がありましたので、一部をご紹介します

格安SIMのデータ通信量の目安、動画、ネット、アプリの使用量

 

2014年8月 MMD研究所調べ (母数966人)
月1GB未満 18.8%
月1GB以上2GB未満 18.2%
月2GB以上3GB未満 17.7%
月3GB以上4GB未満 9.3%
月4GB以上5GB未満 9.9%
月5GB以上6GB未満 4.3%
月6GB以上7GB未満 10.6%
月7GB以上8GB未満 3.4%
月8GB以上9GB未満 0.3%
月9GB以上10GB未満 1.8%
月10GB以上 5.6%

 

こちらをみると、基本的に3GB以下でなんとかなると思われます。

 

私の場合、インターネットの無線LANが微妙に届いてないということが一つ、他にevernoteの同期やFacebook、Twitterを頻繁に使うこと

つい、アプリのアップデートを行ってしまう、kindleの本のダウンロードをしてしまうことが響いていると思います

 

最近はポケモンGOのツール”P-GO”で地図画像のダウンロードが多いことで特に足りなくなってきている気がします

 

たぶん、契約変更しますのでまた変更したら報告します!

 

 

各社の最新情報はこちら

エラー

格安スマホのプランと月額料金 - DMM mobile

 

そんな感じです!

広告