読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲太の貯蓄日記

30代サラリーマンが副業や投資、節約を駆使してノウハウ提供するブログ

iPhoneでおすすめのモバイルバッテリー比較

2017年3月26日更新

今まで何気なく使ってきたモバイルバッテリー(二次電池・蓄電池)を改めて調べてみました。

今では大容量バッテリーもたくさん販売されており、容量だけが重要ではなくなりました。そこで、軽さや充電速度と安さにも着目してみました。


バッテリー容量(mAh)

2016年4月現在のモバイルバッテリーの容量は30000mAhなどもあるようです。
ただし、大容量の分、充電時間がかかる、重いなどのデメリットがあります。
また、急速充電が可能かどうかで充電時間が大幅に変わるので、要チェックですね!


容量では、所持しているiPhoneが何回満充電できるかを確認しておくと良いですね!

1日の外出程度であれば、1回の満充電。

数日の外出の場合はできれば2〜3回の満充電ができれば良いですね。

最近のiPhoneのバッテリー容量

iPhone5:1434mAh
iPhone5s:1560mAh
iPhone6:1810mAh
iPhone6s:1715mAh
iPhone6+:2915mAh
iPhone6s+:2759mAh

iPadmini4:5124mAh
iPadAir2:7340mAh

6sでは6より容量が若干減少していますが、公式の動作時間は減少していないようです。
また、バッテリーの容量はスマホの容量よりもある程度余裕を見たほうが良いです。

iPhone6・6s
連続通話時間:14時間
インターネット利用:10時間(Wi-Fiで11時間)
連続待受時間:最大10日間
by apple公式より

重さ(g)

スマートフォンは電池の消費が激しく、充電できる環境がない場合はモバイルバッテリーが必須です!

日常的に持ち運ぶなら、なるべく軽いものが良いですね!

よほど古いスマホでなければ、1回満充電できるバッテリーがあれば、家に帰るまで電池は持つと思います。
なので、一回の満充電できて、軽いものを選びたいです。


価格(円)

安いほうが良いに決まってます!

しかし、安さだけでなく、総合的に判断したいと思います。


出力電圧(A)

最低1Aは必要ですが、iPhoneは2A、iPadは2.1Aあると急速充電が可能となり、充電時間の短縮可能です。

この機能があれば、あっという間にスマホは充電完了しますね。




上記をもとに考えてみました。

検討したものたち

最終的に購入したものはこちらです。


決め手としては、日常的に持ち歩くには、軽いほうが良いためです。
もし、旅行などで多少重くてもバッテリーが必要なシーンがあれば、二台持ちでいこうと思います。

購入後の記事も書きましたのでどうぞ。



いかがでしたか?参考になれば幸いです。

広告