稲太の貯蓄日記

自分の旅行体験とお金のやりくりなどが主なブログです

職場のムードメーカーになる方法

こんにちは、稲太です

 

先日、ムードメーカーになりたいな〜と思うような出来事がありました

 

 

 

一人で立ち飲み屋で飲んでたら、隣のネーちゃんに声をかける人がいた

 

酔っ払ってんのか、大丈夫か?と思ってよく見てみるとかなりフレンドリーだった

 

なので知り合い同士かと思っていたけど、聞こえてくる会話では初対面のようだった

 

すごいなーと思っていたら話しかけられたので、話してみるとなるほど、悪い奴じゃないし親しみやすいキャラというのがわかった

 

まー、年齢は若かったし、茶髪だったし学生かと思ったけどちゃんとプログラミングの仕事しているらしい

 

そういう人も話してみたら見た目に反して仕事については熱かったりするし、賢いことがよくわかる

 

でもこういうキャラは場が温まるから必要だと思う

  

あ、これがムードメーカーか!

今回の場合は、飲みの場でのムードメーカーかもしれないけど

 

ムードメーカーの人はどんな人か考えてみた

  • 雰囲気を良い方に変える力がある
  • 誰にでも分け隔てなく付き合っている
  • 話題が豊富でよく喋る
  • 笑顔が多い
  • 思考の切り替えができる

 

というか、知らない人とでも気軽(?)に話できるのがすごいと思う

 

 

こういうことって意識してできるんだろうかと考えてみた

 

自分がムードメーカーになるには

  • 前向きな発言を心がける
  • 誰に対しても同じように対応する
  • 面白いことや興味があることを覚えておく
  • 嫌なことがあってもなるべく切り替える
  • 積極的に声かけをする

 

こんな感じでしょうか

 

話題が豊富ならなんとかなるかも?
面白い出来事については人に話したくなると思うので、面白いことがへのアンテナが高いとか覚えておけるなら話し上手にもなれるかも?

 

ブログにネタを書いておけばいざという時に使えるかもしれない?

 

私は記憶力がイマイチよくないことと、もしかしてもう同じこと喋った事があるかも?と考えてしまうこともあるので、そこは気にせず喋れば良いのかな?

できれば避けたいけども…

 

立ち飲み屋の後は結局

平日なのにカラオケに移動してそのまま朝の4時までカラオケして解散しました笑

 

酔っ払っているのに意気投合してしまうとヤバイですね…

 

二度と会わないと思っていたら

同じ会社の人とわかった上に、メールや内線でよく会話している人だった

 

恥ずかしいやら世の中狭いもんだと思ったそんな出来事です

 

ついでに頑張って職場のムードメーカー目指します!笑

 

 

そんな感じ!

広告