稲太の貯蓄日記

自分の旅行体験とお金のやりくりなどが主なブログです

仕事を辞めたり再就職した時に申請しないと損すること

こんにちは、稲太です


教育訓練給付制度の申請するためにハローワークに行ってきました

そこで、ハローワークで話を聞いていると

色々と申請したら戻ってくる手当などがあることに気がついたのでメモっておきます!

特に就業促進定着手当は覚えておくべき!




どんな手当があるのか?

求職者給付

現在就職していない人が対象の給付制度

教育促進給付

就職している人やしていた人が対象の給付制度
ここの中の就業促進手当が中心の記事です

教育訓練給付

就職している人が勉強や技術を習得する時の給付制度

雇用継続給付

介護や育児など何か理由があって仕事を継続し難い時の給付制度


再就職手当

資格

失業手当の受給資格がある人や受給しており、給付日数が3分の1以上ある人が1年以上の雇用が見込める職業に就職した場合が対象

給付額

失業手当のうちの残りの一部が手当として貰えます
(所定給付日数の60%や50%など)
※2017年1月から値上げの予定

就業促進定着手当

資格

再就職してから6ヶ月間の給料(日額)が前職の給料よりも再就職先の給料(日額)が少ない場合に支給される
再就職手当の支給を受けており、6ヶ月以上雇用保険の被保険者として雇用されている

給付額

(離職前の日額ー再就職後6ヶ月分の給料を日額で割った額)x 6ヶ月分の日数
※ただし、上限がある(大体12,000円〜16,000円程度)

就業手当

→基本的に申請する必要がありません

資格

再就職手当に該当しないような短期契約の仕事などについた場合

給付額

失業手当の額が減額されます
→よって、全くお得ではなく損するだけ

常用就職支度手当

資格

障害を持っている人などが就職した時に給付される

給付額

失業手当の支給残日数によって支給額が変わる
失業手当上限は約6000円程度

まとめ

就業促進定着手当は最近新設された制度のようで、知らない人も多いのではないでしょうか
申請しないと給付されないし、退職した時に教えてもらえることもないので、忘れずに申請しておきたいですね


そんな感じです!

広告