稲太の貯蓄日記

自分の旅行体験とお金のやりくりなどが主なブログです

冬の低山を登山やハイキングしたときの服装をユニクロ中心でまとめました

こんにちは、稲太です

 

初めての冬の登山やハイキングでは服装に悩むと思います

そこで、登った時の服装を残して置こうと思います

この記事は冬季(12月〜1月)で低山(山頂が1000m以下)の記事です

※ここで記載している装備は山の天候が良い、雪も積もっていない、地面も凍結していない状態です

※低山でも山の特徴やコンディションによって必要な装備は変わりますので事前に山の情報は入手した上で登るようにしてください

 

 

いわゆる三種の神器(リュック・アウトドア用の靴・レインコート)もあった方が良いですが、低山ならある程度なんとかなります

 

ただ、やっぱり快適さや天候などに大きく左右されるのである程度「気をつけた服装」にしておいた方が良いですね

 

アウター(アウターレイヤー・レインウェア)

これはユニクロのスポーツシリーズのブロックテックパーカーを持って行きました

 

ミドルレイヤー(寒い時のインナーで暑い時のアウター・行動着)

ちょっと厚めの綿のワイシャツを持って行きました

更に予備でユニクロのウルトラライトダウンを持って行きました

寒い時は、ウルトラライトダウンをきれば標高600〜1000mの山でも大丈夫でした

汗をかいて綿のワイシャツまで濡れそうなら、冷えてしまうのでウルトラライトダウンに着替えた方が良いです

 

まだ私は持っていませんが、ミドルレイヤーは綿じゃなくて化学繊維のフリースなどの方がオススメです

→今探しているので、買ったら修正します

 

ベースレイヤー(肌着)

モンベルのZEO-LINEが良いという噂を聞いたので、これにしました

その上に、ユニクロの極暖ヒートテックを着ています

 

下半身は、ユニクロの極暖ヒートテックのタイツです

(モンベル)mont-bell ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107525 BK ブラック L

(モンベル)mont-bell ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107525 BK ブラック L

 

 

靴下

 靴下を奮発して高いものを買いました

多分普通のぶ厚めの長めの靴下で問題ないと思います

 

そのほかのアクセサリー類

普通のマフラー、手袋、帽子を持って行きました(特に登山用ではない普通のもの)が、マフラー以外は使いませんでした

 

そんな感じです!

広告